顔の赤みをメイクで隠す方法

基礎化粧品を使って赤ら顔のケアをしていても、即効性があるというものはないので日々の積み重ねが大事になってきます。

ただ赤ら顔が気になる女性の場合、普段からケアをしつつ、メイクでカバーをするという方法もあります。

もちろん自分のお肌の状態にあっているものを使うというのが大前提です。

メイクに頼りっきりでは根本的な解決にはならないのですが、目立たなくさせることで他人からの視線が気にならなくなります。

赤ら顔で悩んでいる人の中には、周りからの視線が気になってしまって外出するのを極力避けるようにしたり、相手の目を見ることが出来ず、常にうつむいてしまっていたり、酷い場合は出来るだけ顔を隠そうとして猫背になってしまうことも。

こうなってしまうと赤ら顔だけのケアだけでは無理が出てきてしまいますね。

ポイントは「緑」

さて、メイクで赤ら顔をカバーする時ですが、ポイントになるのは「緑」です。

メイクをするとき、ほとんどの人がメイク下地を使うかと思いますが、グリーン系のメイク下地を気になる部分に使うのです。

もし顔全体が赤くなっているなら顔全体に使っても良いです。ですが気になるトラブルというのはお肌の場所によって違いますよね。

なので、気になる悩みに合わせて使い分けるというのもコツになります。

お気に入りのメイク下地があって、グリーン系を使うのはちょっとという場合は、グリーン系のコンシーラーでカバーをするというのもOKです。

赤ら顔のメイクの基本は下地をグリーン系するにすること。これをしっかりと抑えておきましょう。

その上で、赤ら顔対策が出来るサラヴィオ美容液を使ってしっかりとケアをしていくと良いですよ。

関連記事
  1. 美白化粧品では赤ら顔は治らない
    赤ら顔を改善していくためには、サラヴィオ美容液のような専用のケアアイテムでなくてはダメです。 例えば美白化粧品。 最近は沢山の美白化粧品があ...
  2. 顔の赤みをメイクで隠す方法
    基礎化粧品を使って赤ら顔のケアをしていても、即効性があるというものはないので日々の積み重ねが大事になってきます。 ただ赤ら顔が気になる女性の...